残念ながら指名はできない | 男だらけの宴会に花を/ピンクコンパニオンと盛り上がろう!
 

残念ながら指名はできない


窓による女性

ピンクコンパニオンを利用するとき、重要になってくるのが「どんな女の子が来るのか」ということでしょう。
男性によって女の子の好みは違います。
可愛い系の女の子と話がしたい、キレイ系な女の子を眺めていたい、とにかくエッチな子と騒ぎたい、などなど。
しかし、残念ながらピンクコンパニオンを利用するとき、風俗やキャバクラのように直接女の子を指名することはできません。
予約をするとき、「○○な女の子をお願いします」と、その雰囲気やタイプを伝えることしかできないのです。

ただ、タイプさえ伝えておけば、その要望に応え、なおかつ最高級の女の子を用意してくれます。
必ずやみなさんが満足できるような女の子を揃えてくれるでしょう。
ピンクコンパニオンを利用する男性たちはやはり、若くて可愛い女の子をリクエストすることが多いです。
しかし、来てくれたピンクコンパニオンの中には、どう見てもタイプの違う女性が混じっていることが多いです。
これはみなさんのリクエストに当てはまる女の子が足りなかったというわけではなく、宴会の場を取り締まる目的で来た、いわばピンクコンパニオンのリーダー的存在です。
お酒が出る場所ですし、ピンクコンパニオンであればエッチな遊びも頻繁におこなわれます。
そのため、こうしたリーダー的存在の女性が数人参加することで、間違いが起こることを防ぐのです。
また、全体の様子を伺いながら、ピンクコンパニオンたちに服を脱ぐ合図をしたり、ゲームの提案をするのも、こうしたリーダーがおこなうのです。
ピンクコンパニオンを利用する場合、必ずこうしたリーダー役が同行しますので、その点は前もって理解しておきましょう。